同棲・結婚後の自分の時間の作り方

人と暮らすということは楽しいことばかりじゃない。

今年の初め、実は二人暮らしになりました。

最初は大好きな彼女と毎日一緒にいれるという幸せしか感じませんでしが、時がたつにつれ段々と自分の趣味に使う時間も欲しいと感じるようになりました。

しかし、自宅とはいえ共同生活なので、なかなか自分のやりたいことだけに集中する時間が取れない!取れたとしても遮られるととてもイライラしてしまうという最悪のパターンに入ってしまいました。

というわけで今回は僕なりの自分の時間の作り方を紹介したいと思います。

自分のやりたいことを宣言してしまう

僕が最近やっていることがこれ。

もう時間が欲しいことをストレートに伝えてしまう!

時間が欲しいは正直に言ってしまった方がいいです。

ただ言い方とタイミングには気を付けましょう。

注意点1.断言はしない

誰だって予定があります。

彼女・彼氏だってきっと予定を考えているでしょう。

それなのにいきなりあなたが『〇×やるから!』なんて宣言したらイラっと来ますよね?

それで喧嘩にでもなったら自分の時間なんてて手に入りません。

言い方はあくまでも相手の予定も考慮できるように逃げ道を持たせた、『〇×したいんだけど』『〇×しようとおもう』というスタイルで行きましょう!

 

注意点2.なるべく早めに言う

直前に言うとか最悪ですよ?

さっきの言い方の話と同じで、相手にも予定はあります。

なので、直前に言われたら結構イラっと来ちゃうかも。

そこで僕が実践しているのが、なるべく早く言う。

最悪でも前日の夜ごはんや当日の朝ごはんには言うようにしておきます。

こうすることで、予告という形で覚えてもらえます。

コレ簡単だけど、自分の時間を取りにくいカップルは言い出しづらく、ついつい直前にになりがち。

そうなるともう最悪のスパイラル真っ逆さまです。気を付けよう。

 

相手にも自分の時間を使ってもらう

積極的に作る方法です。

一人の時間はあなただけじゃなくパートナーにも必ず必要。

そこで、パートナーにも自分の時間を持ってもらうことで、相対的にその時間を自分の時間として使ってしまおうという作戦です。

僕の考えるやり方は……

家事や雑用を二人でサクッと片付ける

ぶっちゃけやりたくないこの家事&雑用。

僕自身苦手なんですが、できない&わからないなりになるべくやるようにしています。

というのも、彼女がせっせと家事をしてくれている間、自分のことってなかなかやりづらいんですよ。虫の居所が悪いとそれが原因で喧嘩になるし。

つまりその時間って実質使えない時間なんです。であればせめて彼女の負担を減らすために使おう!

ということで、自分も積極的に家事や雑用をやることで、面倒ごとをサクッと終わらし、休憩という形で自分の時間を作りましょう!

さらに家事をやるということでパートナーの心象もよくなること間違いなし!少しぐらい多めに見てもらえるかも?

まぁぶっちゃけコレ当たり前に2人でやれよって感じのことだとは思いますが。

 

自分の趣味ややりたいことに巻き込む

究極はコレ。

もしも、相手があなたの時間の使い方に納得いっていないのであれば、その世界に連れ込んでしまうのが早いかも。

僕の場合キャンプが趣味なんですが、どうしてもお金と時間がかかります。

いかもキャンプの良さは行かないとわからない。

なので、この前彼女を連れて行ってきました!

僕のいいと思うことを彼女に体験してもらい、あわよくば、同じ趣味を持ってもらおう。

ダメでも多少理解を得られれば……。

そんなわけです。

結果としてこの作戦は一応の成功を得ました。

 

キャンプから帰ってきてからというもの、僕のキャンプ用品に対する時間の使い方についても理解してもらえるようになりました!

皆さんももし理解を得られていないのであれば、その世界を相手に体験してもらうというのはありだと思います。

 

結論:自分の時間が欲しければ思いやりを持とう

ここまで3つほど僕が実践していることについて書いてみましが何よりも大切なのは相手に対する思いやりの心だと思います。

自分の時間欲しいのはそうなんですが、その自分の希望だけ持っていても、相手に不満を与えるだけです。

そうならないためにも、相手のことを考え、助け合って、そのうえで理解してもらい自分の時間を得るというのが一番いい関係性だと僕は思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください