機動戦士ガンダム「閃光のハサウェイ」劇場版製作決定!!

1989年に出版された「閃光のハサウェイ」がついにアニメ化!しかもなんと豪華3部作!

この作品はガンダムNT(ナラティブ)に次ぐ「UC NexT 0100」プロジェクトの第2弾!

今回は閃光のハサウェイの今わかる情報とあらすじ登場MSをご紹介!

「閃光のハサウェイ」とは

アムロとシャアの最後の戦いとして描かれた『逆襲のシャア』第二次ネオ・ジオン抗争終了後の宇宙世紀0105年を舞台にした作品です。

あらすじ

宙世紀0105年アムロが人の可能性を見せたのも関わらず、地球連邦政府の高官ら特権階級の人々は地球の汚染を加速させ、地球を私物化しつつあった。

そんな中、正体不明の「マフティー・ナビーユ・エリン」を名乗る人物が私設軍を率い、腐敗した特権階級だけをモビルスーツで粛清しはじめたのであった……。

11月30日公開予定の「機動戦士ガンダムNT」と「機動戦士ガンダムF91」の間になる物語ですね!このあたりの歴史はいままでのガンダムアニメ作品では描かれていなかったので楽しみですね!


ただ、この作品が映像化公式化されたことでユニコーンのラストの「ラプラスの箱の開放」が無駄になったということが決定づけられたわけですね。うーん諸行無常

画像出典:ビックカメラ

「UC NexT 0100」プロジェクトとは

『機動戦士ガンダム』の流れを汲む宇宙世紀を舞台に、シャア・アズナブルとアムロ・レイの因縁に決着が付けられた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』をひとつのターニングポイントとして、今年4月に発表された宇宙世紀の新たな百年を紡ぐ企画です!

今までの宇宙世紀のガンダムはどうしてもアムロとシャアのいる世界でしたからね!

「閃光のハサウェイ」公開日は?

未定です!

公開日、上映劇場ともに未定!今後の発表を待ちましょう!

ただ、「機動戦士ガンダムNT」(11月30日公開)の上映時に、本作の予告編が披露されるようですのでそこで何らかの発表があるでしょう。

 

「閃光のハサウェイ」登場MS

登場するであろうMSを一部ご紹介!

最近のガンダム作品では過去のMSV機体やオリジナル仕様が出てくる傾向にあるので「閃光のハサウェイ」でも期待したいですね!

Ξガンダム

秘密結社「マフティー・ナビーユ・エリン」が秘密裏にアナハイム・エレクトロニクスに発注したMS。

パイロットは、マフティーのリーダーである「マフティー・ナビーユ・エリン」

「Ξ(クスィー)」という名前は、「アムロ・レイ」の最後の乗機である「νガンダム」に次ぐ機体ということを表しています。

ミノフスキークラフトを搭載しているので飛行能力がありますが30メートル近くに大型化しています。

武装面では新たなサイコミュ兵器であるファンネルミサイルを搭載しています。

ペーネロペー(オデュッセウスガンダム)

地球連邦軍対マフティー部隊「キンバレー隊」に配備された最新MSで、これまたアナハイム製です。死の商人アナハイム…恐るべし。

パイロットはレーン・エイム中尉です。

ペーネロペーとはオデュッセウスガンダムにフィックスド・フライトユニットを装備した形態です。

こちらもΞガンダムと同じく飛行能力を持っていて大型化した機体となっています。

 

グスタフ・カール

ジムやジェガンの設計思想の延長線上に位置するとされる地球連邦の量産汎用型MSです

この機体はガンダムUC、ガンダムNTにも先行して登場しましたね。

こちらも、かなり重装甲です

ここからMSはF91に向けて小型化するわけです。

新機体が複数いるのでガンプラも期待できそうですね!

ネットの声

ガンダムファンの中にはこの作品のアニメ化を心待ちにしていた人も多いはず。

宇宙世紀新作アニメ化の話題が出ると必ず候補に挙がる人気作でしたからね!

今から楽しみな閃光のハサウェイ!今後の情報公開に期待です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください