大学生は借金してでもバイクを買え!バイクに乗るべき3つの理由と購入法を伝授!!

お金はあるがやりたいことと時間はある。それが大学生!

かつて自分もそうでした!

そして学生でいる間に稼げる金額は決まってます。何より、貴重な学生時代の時間を使ってバイトでお金稼ぎってもったいないと思いませんか?だってそのお金、社会人になれば簡単に稼げるんですよ?

というわけで今回はお金のない学生必見!学生がバイクに乗るべき理由と購入方法を実体験を元に語ります!


バイクに乗るべき理由その1 生涯の友達ができる

ぼくがバイクに乗って一番良かったことそれは一生付き合えそうな友達が見つかったことです。

学生の間、学校やバイト以外で友人と呼べる存在を作るのはなかなか難しいもの。

という常識を?覆すのがバイクです!

バイク乗りというコミュニティのメンバーになれる

これがとっても大きかった。バイクに乗る人=バイク乗り。

どんなバイク乗りもみなバイク乗りです

年々バイク乗りは減少していて、少数派、マイノリティです。

仲間意識が強く、その分一度入ると途切れない関係性を構築しやすいです。

バイクの話という共通言語

例えばあなたが見ず知らずの人と会ったとしましょう。何を話ますか?

大抵の人はパッとは思い浮かばないでしょう。

でもバイク乗り同士にはそんなこと考える必要がありません。

なぜなら、バイク乗りは皆バイク好きであり少数派、バイクの話をしていれば、老若男女、非リア、リア充、陰キャ、陽キャ問わず、スクールカーストを無視して会話が盛り上がるのです。

言葉などいらない、走りでコミュニケーション

少し打ち解けたら一緒のツーリング(バイクでどこかに行くこと)しましょう。

走ってる間、基本的には会話はありません。

最近ではインカムというものができまして走行中も会話ができますが、所有率はまだまだなので実際走行中の会話は信号待ちくらいでしょうか。

会話がないのでコミュ障も困らない。

でもコミュニケーションは成立します。

なぜか、それはともに走り、同じ時間、景色、危険、喜び、辛さを味わうことができるからです。

これを繰り返すことで、やがて絆になって行くのです。

バイクに乗るべき理由その2 バイクならではの経験ができる

あなたは今、他人がしたことのないような経験を語れますか?

あなたは旅をしたことはありますか?

旅と旅行は違います。

旅とは偶然の積み重ねであり、出会いと冒険があるもの、旅行は何かの目的、観光などのために移動することです。

例えば、大阪に行くとします。

新幹線で行って通天閣を見たは旅行ですが、バイクで冬の夜中に国道1号を走って、大阪に着いて大阪のバイク乗りと出会って次の日観光もせずに遠回りして長野方面から帰る。これは旅です。

そしてこれができるのがバイクです。

思ったら吉日、バイト終わりにバイクで走り出して次の日は日本海で朝日を見るということができるのです。

旅だけではない経験。

夜中に公園でしゃべって職質、ネットでできた友達とオフ会。出会った仲間と旅をしてコミュニティを作る。

学生生活でのボランティア、サークル、バイトいずれも経験ですがみんなしてます。

そこに参加してるだけでは得られる経験値に差はないのでは?

バイクがあれば、新しい人脈、世界、何かを作る、イベント運営様々なことを経験でき、それらすべてのハードルが大きく下がるのです。

僕の場合は正直実際はただ遊んでいただけだがこの経験は大きく役立ち、今の仕事まで導いてくれた。

 

ぼくは人生を旅をしました。

関東近県はすべて行った。大阪も長野もに新潟も、北海道は10日くらいで一周した。そしてそれぞれ出会いと冒険と喜びがあった。

いずれも行くことは電車や飛行機でできる。

だが、知らないド田舎のコンビニでカップ麺を仲間と食べたとか、関東と関西で数十人規模のコミュニティを作ったという経験は公共交通機関では絶対に実現しない。

実現してもそれは意図的に行う旅行であり誰かの作ってレールを走るだけで旅ではない。

 

バイクに乗るべき理由その3 とにかく楽しい!

あーだこーだ言っても、一番は楽しいということ。

乗っているだけで楽しい。

バイクに乗るべき理由その1と2はこの楽しいという感情の延長線上にあっただけでぶっちゃけ、やろうとしていたわけじゃない。(北海道には行こうと思ってた)

だから、当時はあまり深く考えてなかったし僕の場合、結果的に価値観、人生を決定したというだけだとおもう。

あなただけの「バイクに乗るべき理由」が見つかる

バイクに乗ることであなたの人生はおそらく変わるだろう。

でもその変化は僕とは違うと思う。

あなたとバイクが作る新しい旅の形があり、その先に「バイクに乗るべき理由」ができる!

大学生がバイクを買う手段

では実務的なお話です。どう買えばいいのか。

免許は教習所で取った前提です。

答えは「ローン」です。

お金は借りてください。貯金とかする時間があったらバイクに乗ってください。

貴重な時間がもったいない。

冒頭でも申し上げたが、ぶっちゃけ社会人になってちゃんと仕事してれば、学生アルバイトで稼げるお金なんてあっという間に稼げます。

確かに金利が高いとか言うアホがいますが、そんなもの時間を買ったと思っておけばいいのです。

金利の金額なんてあなたがこれから稼ぐお金からしたら大したことないです。

 

それより今しかない時間をどう使うかを考えましょう。

アルバイトでもローンは通るのか

通ります。

しっかりバイトをしていれば頭金0円でも通ります※個人差あり。

ただし、何事もいい塩梅があっていきなり数百万円のバイクを買うことはオススメしません。

自分の収入に見合ったバイクを買うようにしましょう。

もしローンが通らなければ親を説得して親からローンか、保証人になってもらってください

ローンの注意点

購入金額と収入と支払いのバランスはしっかりとりましょう。

毎月の返済は頑張らなくていいレベルにしましょう。

その分返済期間が伸びても毎月ローンに追われたり、支払いが遅延するような生活は避けましょう。

大学生が買うべきバイク

一番欲しいと思った車両を買ってください

予算やら色々なしがらみはあると思いますが、これに尽きます。

もし予算でケチったのだとしたらそのケチったお金分損することになります。後悔という損をね。

人のおすすめとかなんの参考にもならないのでインスピレーションを優先しましょう。

買うのはあなたで、他人じゃありません。

中古を買う場合のアドバイス

僕は実は今までずっと中古を買ってます。

そのうえでアドバイスをします。

中古車は何かしらトラブルがあるかもしれません。手元には修理費用を置いておきましょう。

購入する車両は目利きに自信がなければ相場を意識しましょう。安い車両というのは魅力的ですがリスキーです。

評判のお店で少し高いバイクを買う方が結果的に安上がりの場合も少なくありません。

大人はあなたが思うほど良い人ではなく、狡猾で汚い生き物です。

最後に

一人でもバイクのすばらしさを知っていただければと思いこの記事を書きました。

が、一つ約束してほしいです。もしバイクに乗ったら、

・絶対に無理をしない。

・事故をしない。

・誰かを悲しませない。

これらすべてを守ってください。あなたの人生は何事よりも大切です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください