煽り運転はされる側「も」悪い

最近のあおり運転報道や、Twitterで上がる動画を見ていてとても違和感を感じる。

あおり運転が悪いということはもちろんその通りなのだが、ではどのように避ければいいのか。

そういう話はあまり見ない。

最初に断っておくが僕はあおり運転を肯定はしない。等しく厳罰に処されるべきだと思う。

しかし、あおり運転撲滅と叫ぶだけであおり運転は無くなるのだろうか。

答えはNOだろう。

 

そこで、今回は僕個人のあおり運転への見解を語ろうと思う。

 

ぶっちゃけ多くの人にとって煽り運転は無縁だ。

だって基本煽られないから。

 

かくいう僕も人生の中で数回は煽られた経験があるが、いずれも共通するのは自分にも非があるということ。

例えば車速の速い車が来ているのに追い越し車線に移ってしまったり……。

追い越し車線から走行車線へ戻るのが遅れたり。

 

もちろん僕は過去に大きな違反をしてから心を入れ替え、制限速度を守るし、ウィンカーも適切に出す。一時停止も必ず止まっている。

車もスポーツカーはやめて威圧感の一切ない軽自動車だ。それで長距離もかなり乗る。そういった意味では一般的な人種だ。

僕が運転の際に気を付けることは、周りをよく見て運転すること。これに尽きる。

もちろん前だけではなく常に後方も視界に入れるし周囲見える範囲の車に気を配るようにしている。

でもこれって運転の基本。

多くの人もおそらく同様に、周りの状況を見て運転という基本を守っているからこそ煽られるという状況に陥らないのだろう。

 

だから、最近の煽られたと被害感情丸出しで騒ぎ立てる輩に違和感をおぼえてしまう。

 

煽られる人は周りが見えていないのでは?

KYという言葉が少し前に流行ったと思う。

結局のところ激しい煽られ方をする人間はKYなのではと思う。

 

車を運転していれば、ルールを守らない連中は多くいる。

というか完璧な運転なんて見たことがない。

 

だからこそ、まわりを見た運転。つまり周りの状況を見極めて適切なアクションを取っていくことが重要だ。

でも、それができていないと、周りが違和感、時に危険を感じるタイミングでの行動につながり結果として誰かの怒りを買い、あおり運転の被害者となる。

当人はおそらくその事実に気づいていない。なぜな自分の運転が危険だという自覚がないからだ。

 

事実この現象は多くのあおり動画から見て取れる。

典型的なものとしていつまでも追い越し車線を走行していたり、避けられるタイミングが動画内にあるにも関わらず避けようとしない。

おそらく前しか見ていないのだろう。

これは致命的だ。被害者としていられる間はまだいいが、いずれ何名かは大きな事故を起こす側になってしまうだろう。

まわりが見えてないというのはそういうことだ。

『目には目を』では加害者と同じレベル

この手の問題で必ずあるのが、相手が法を犯しているから自分は折れないという思考だ。

あおり運転の場合、自分は制限速度を守っているので譲る必要はないという考え。

……。強気なのは結構だが免許返納しろ。

 

煽り運転の場合、確かにあなたは煽られる側、被害者かもしれない。

だが、必要以上に道を譲らず、いつまでも進路をふさぐという行為は相手の挑発に乗った結果の仕返し、つまりは譲らないという煽り運転だ。

公道走行は優劣を競いあうものではない。

自分より速い車がいて当然だし、例え抜かれたとしても目的地に着く時間はそう変わらない。

もし、譲らない精神の狭い心の持ち主が読者にいるのであれば、明日からは譲るオトナの運転を心掛けてほしい。譲る余裕のあるあなたはきっと譲らずに張り合うあなたよりきっと素敵だ。

 

そもそも追い越し車線を延々に走るという行為は違反になるのでご注意を。

交通ルールはあなたの命を守らない

制限速度を守っているから煽る方が悪いという意見もあるが、そういう人は大概交通ルールを正しく認識できていない。

追い越し車線にいつまでも居座ったり、一時停止も止まらない。なぁなぁでメリハリのない運転だ。

それでも当人は自分が危険な運転をしていることに気づいてないと思う。

だって周りが知らず知らずのうちに割けてくれていることも、運よく事故になってないだけのことも見えてないのだから。

 

だからすぐ交通ルールを守ってるから煽る方が悪いという理論を論ずる人間は運転が下手クソだと個人的には感じる。

もしも、高速道路で止められて追突されたとして、社会的には交通ルールが守ってくれてもあなたの命は守ってくれない。

煽り運転は遭遇する時点で落ち度があり、張り合った時点であなたの負けです。

スキル不足や環境は言い訳にならない

あおり運転が問題になる昨今たまに見るのが「そのシチュエーションになったら焦ってしまって適切に動けない」といった論調だ。

 

勘違いしないでほしい。

車は便利な道具だが、同時に人を殺す力を持つ道具だ。

それを扱うのだから全員が等しくプロでなくてはいけないし、そうでないなら乗ってはいけない。

スキルが無いや、環境を言い訳にする人間は煽り煽られ以前に免許を返納すべきだ。

 

どうか皆さんあおり運転に合あわない運転を

ここまで煽り運転をされる側にも問題があるという僕の意見を述べさせていただきました。

勘違いしないでほしいのが冒頭に語った通り、煽る側が間違いなく悪という前提の上での話ということ。そして、致し方なく巻き込まれる不幸なケースも存在していてそれには僕の意見は通用しないということ。

だが、多くの道路で繰り広げられる小さいあおり運転はあなたの気持ちや運転一つでなくすことができるかもしれない。

煽られる原因を今一度考え直し、危険を避ける運転を心がけていくことがあおり運転の撲滅につながるのではないだろうか。

これは個人でできることだ。

全員が明日から注意深く周囲の状況を把握して注意深く運転する。

その姿勢が大切だと僕はおもう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください